SWATCH
古着を読む

Loose Border Knit ”C.D.”

2017年11月18日

ボーダー柄と編地で複雑な表情を作り上げるディオールのニット【下北沢のおすすめ古着屋 Husky】

  • 購入したお店
    Husky
    下北沢

しましま模様。ボーダー柄のアイテムはモードに左右されず人気の柄ですね。ピッチによって印象が変わるのも、数多く所有したくなるポイントのひとつかと思います。
今回はそんな太ボーダーのニットをご紹介いたします!

Loose Border Knit ”C.D.”

定番の赤×黒の配色とは違った、絶妙なニュアンスが美しいグレーと黒のボーダーです。
ルーズなサイジングが今の気分とマッチします。

Loose Border Knit ”C.D.”

Loose Border Knit ”C.D.”

サイド&バックスタイル。
ドロップしたショルダーの気怠い雰囲気と、ボーダーのピッチが重なり合って良きニュアンスを生み出していますね。

Loose Border Knit ”C.D.”

さらにこのニットの表情を複雑にしているのは、大きなヘリンボーンのような凹凸を編みで表現しているところです。ソリッドな編み地よりも、カジュアルさをうまく抑える味付けになっています。

Loose Border Knit ”C.D.”

ネックはやや広めに開いたクルーネック。さらにこちらはコットンニットなので、ウールの着心地が苦手な方でもサラリと着用できる、ついつい着る回数が増えてしまいそうな、便利なニットではないでしょうか。

Loose Border Knit ”C.D.”

Loose Border Knit ”C.D.”

ブランドタグ。クリスチャンディオールの名前が輝いています。パンキッシュなイメージになりそうなボーダーのニットを、素材と編地、配色で大人しやかに仕上げているのはさすがの一言かと思います。MADE IN U.S.Aもなかなか珍しいポイントではないでしょうか。

Loose Border Knit ”C.D.”

Loose Border Knit ”C.D.”

太ピッチのボーダーニットという定番かつ人気のアイテムも、素材や配色にひと味が加わるだけで、まったく違った表情を見せてくれる、実に良き古着ではないでしょうか。インナーにももちろん、一枚で着た時の上品さも素晴らしいです。
流行に左右されないボーダーアイテム。ちょっと違った素材や、凝ったディテールのものを探して、ぜひお気に入りの一枚にしてくださいね!

【PR】古着のケミカルウォッシュはこちらでチェック!
  • 購入したお店
    Husky
    下北沢
他にもこんな記事が読まれています