SWATCH
古着を読む

Traditional Border Polo Shirt

2018年3月17日

トラッドな配色のボーダーが知的な印象を与える長袖ポロシャツ【江古田のおすすめ古着屋 Gracier】

  • 購入したお店
    Gracier
    江古田

今回は記念すべき記事になりました。当サイトでのご紹介はもとより、生まれて初めてラルフのアイテムを購入したのです。
ということで、本日はラルフのボーダーポロシャツをご紹介いたします。

Traditional Border Polo Shirt

今季特に人気がありそうなビッグサイズのポロシャツですが、当サイトでは「ルーズサイジング」かつ「大人っぽい」顔つきのラガーシャツ・ポロシャツをご紹介していこうと思っております。

Traditional Border Polo Shirt

Traditional Border Polo Shirt

サイドスタイル&バックスタイル。ネイビーベースのボディに、赤と黄色の細いピッチのボーダー。トラッドな配色のシャツのイメージを、ルーズなサイジングでちょっと崩します。

Traditional Border Polo Shirt

Traditional Border Polo Shirt

なぜラルフを買わなかったのかと問われると、たまたまとしか言いようがないのですが、不思議と縁がありませんでした。(試着した事は何度かあります)
こいつがポニーロゴってやつですね。ボリビア製です。

Traditional Border Polo Shirt

Traditional Border Polo Shirt

ボディはカノコ地。まさにポロシャツってやつですね。
赤と黄色の発色がキレイです。かつネイビーは褪色がかっているので、こなれた印象に。

Traditional Border Polo Shirt

後ろの着丈の方がやや長い形。ボトムスの色や種類を選ばない、汎用性の高いアイテムではないでしょうか。

Traditional Border Polo Shirt

ケアタグ。

Traditional Border Polo Shirt

Traditional Border Polo Shirt

長袖のボーダーポロシャツ。スイングトップなどの、ショートブルゾンの中に仕込んでも面白いアイテムではないでしょうか。もちろんあたたたたたかくなってくれば、一枚でメインを飾れるアイテムでもあります。ラガーシャツとは少し違った上品なボーダーの印象も良い塩梅です。 古着の定番ラルフのアイテム。良さを語る必要がない程のブランドですが、実際に手にしてみるとやはり良いものは良い、と再認識させてくれるポロシャツでした。筆者のように、普段ラルフは敬遠しがちの方も、ぜひ古着屋さんで手にとってみてくださいね。

【PR】アルマーニの古着はこちらでチェック!
  • 購入したお店
    Gracier
    江古田
他にもこんな記事が読まれています