SWATCH
古着を読む

Shoulder Line Knit

2017年11月25日

ショルダーのラインが上品な美しいデザインのニット

  • 購入したお店
    JOYED
    西荻窪

秋冬の古着屋さんを賑わすアイテムといえばやっぱりニット。様々な柄や編み方、サイジングとあれこれ目移りして、一枚に絞るのは大変なくらい種類が多いですね。さて、今回はちょっとしたディテールが嬉しいニットをご紹介します。

Shoulder Line Knit

ネックから袖にかけてラインが走るニット。決してスポーティな感じではなく、ハイブランドっぽい顔つきの仕上がりになっています。

Shoulder Line Knit

正面からのスタイルは、無地ニットに近いですが、

Shoulder Line Knit

サイドからはラインが良いアクセントになった、スタイリッシュなニットです。チャコールとライトグレーの2トーンの配色も、使い勝手が非常によいカラーリングですね。

Shoulder Line Knit

バックスタイル。ライトグレーのラインの流れが非常に美しい後ろ姿ですね。
アウターの色や種類を選ばない、スタイリングの幅を広げてくれそうなテイストなのも嬉しいところです。

Shoulder Line Knit

ネックは程よく緩い開き具合。素材はウールですので、チクチクが嫌な人は中にシャツなどをしたためましょう。

Shoulder Line Knit

意外に探すのが大変というディテール、それは袖口がリブになっていないという事です。カットソー感覚で着用できるニットといった感じでしょうか。好みが分かれるところではありますが、こんなスッキリした感じのものも良いと思います。

Shoulder Line Knit

「JOHN ASHFORD」というブランド。アドベンチャーという太字ゴシックがインパクトあるタグです。

Shoulder Line Knit

品質タグ。100%ウールです。しかし、それ以上に気になるのはMADE IN JAPAN。海外のブランドですので、逆輸入のアイテムということになります。日本での製造は何ゆえでしょうか・・・。年代から考えるとコストが高くかかりそうですが。

Shoulder Line Knit

Shoulder Line Knit

冬のインナーの定番、ニット。スマートなデザインのものを選べば、柔らかな表情になりすぎない、スタイリッシュな雰囲気を醸し出せるのではないでしょうか。 袖のラインと落ち着いたカラーリングがハイブランドのアイテムのよう。ぜひ古着のニット、お気に入りの一枚を探してみてくださいね。

【PR】アルマーニの古着はこちらでチェック!
  • 購入したお店
    JOYED
    西荻窪
他にもこんな記事が読まれています