SWATCH
古着を読む

Monotone Low gauge Knit

2017年1月26日

ボリュームある肉感でありながら、モノトーン配色がクールなニット【江古田のおすすめ古着屋 Gracier】

  • 購入したお店
    Gracier
    江古田

大好きなあの人を想って作る物といえば、手編みのセーターやマフラーと相場が決まっていたのですが、最近ではそうでもないようでして、逆に貰うと気持ちが重く感じてしまうアイテムのナンバーワンだそうです。
手編みのニットを植田まさし先生の作品くらいでしか見た事がない筆者より、今回はボリューム感たっぷりのニットをご紹介いたします。

Monotone Low gauge Knit

モノトーンのニットは探すと意外に見つかりません。
ボーダーに、MIXに、ワントーンにストライプと、ミックスフライ定食感のある装い。

Monotone Low gauge Knit

たっぷりと長めに取られた袖は、着用すると手首の部分で溜まって、なんとも愛嬌のあるシルエットになります。ですがモノトーンなのでスマートな顔つきも備えており、絶妙なバランス感覚が楽しめます。

Monotone Low gauge Knit

バックスタイルと思われるスタイルです。というのも、タグ類が一切ない上に、両面同じ仕様の為、どちらが前か後ろかサッパリなのです。
表裏のない、性格の良いニットと言う事もできます。

Monotone Low gauge Knit

襟元は黒のソリッドです。大人びた開きのクルーネックが、落ち着いたスタイルにも取り入れ易いですね。

Monotone Low gauge Knit

黒のソリッドから、MIX、そしてボーダーへと降りてきて、その下と袖はストライプのような編地。かなり手が込んだ作りではないでしょうか。
このクレイジーなパターンを上品にまとめ上げているのは、やはりモノトーンが成せる技ではないでしょうか。

Monotone Low gauge Knit

Monotone Low gauge Knit

着用すると、ズシリと良いニットを買ったな、という気分に浸れる心地よい重さ、重力を感じる事ができます。
前述の通り、タグ等が一切なく、ブランドなども不明です。
ですが、そんなものは一切不要と感じるくらいの、良いデザインのニットではないでしょうか。

インナーとして使える薄手のニットも便利ですが、一枚着ただけでインパクトのあるスタイルが作れる、ボリューム感あるニットは古着ならではでないでしょうか。特徴的なデザインが多い古着のニットは探してみる価値ありのアイテムです!ぜひ古着屋さんに足を運んでみてくださいね。

【PR】アルマーニの古着はこちらでチェック!
  • 購入したお店
    Gracier
    江古田
他にもこんな記事が読まれています