SWATCH
古着を読む

HIMALAYA Jacket

2019年12月14日

鮮やかな色使いの刺繍がヒマラヤなナイロンジャケット【江古田のおすすめ古着屋 Gracier】

  • 購入したお店
    Gracier
    江古田

ただでさえ東京の冬にはオーバースペックなんじゃないかと思うダウンジャケットが、更に不要に感じる微妙な寒さが続いております。
一方、ヒマラヤとか超寒いんでしょうね。ヒマラヤってすごく寒そうですもん。という事で本日はヒマラヤのジャケットをご紹介いたします。(美しい導入)

HIMALAYA Jacket

一時より、だいぶ人気に落ち着きをみせてきたMA-1型のジャケット。今だから言えますけど、ロングブリムのハット+MA-1型のブルゾンっておかしかったですよね。
実際は定番の形なので使い勝手は良いです。

HIMALAYA Jacket

HIMALAYA Jacket

HIMALAYA Jacket

サイド&バックスタイル。サイジングはほどよい緩さです。
左腕だけにデザインがはいります。素材はしっとりとしたナイロン。しっとりナイロン。シトロエン。絶妙にしわが入る感じのあの生地です。

HIMALAYA Jacket

HIMALAYA Jacket

HIMALAYA Jacket

ジッパー部分がスナップボタンで比翼仕立てに。
ボタンを外すとジッパーが姿を現します。姿を隠していたジッパーはYKK。

HIMALAYA Jacket

そしてこのジャケットのみどころはオール刺繍のデザイン部分。HIMALAYA TREKING。ヒマラヤトレッキング。寒そうです。
ファミコンのカラテカ感のある人物二人がトレッキングしています。紫と緑の色味は完全にステータスが「どく」です。

HIMALAYA Jacket

黒地に黄色い文字が目を引きます。引きますがフランス語なのでフランス人じゃないのでなかなか読めないフランス語です。
カラテカとトレッキングの共通点ですが、崖には気をつけろってことです。
しかし実際のトレッキングには機能的に不足がありそうなジャケットなのですが、一体どのようなシーンで着用すればよいのか。。

HIMALAYA Jacket

HIMALAYA Jacket

ポケットに手を入れてヒマラヤ登頂するとか言ってたら怒られますよね。
ヒマラヤ登頂の思い出を刻んだものか、憧れたものか。。
袖の文字読んだらヒントが得られそうですけど、フランス語なのでフランス人じゃないのでなかなか読めないフランス語です。

HIMALAYA Jacket

Mサイズです。マドモワゼルのMでしょうね。違うでしょうね。
ブランドタグ等がないので、レディメイドではないのかも。

HIMALAYA Jacket

今回はハット+MA-1っておかしかったよねって言えたので良いです。
薄っすら中綿の入った感じなので真冬以外なら楽しめそうです。
まさに東京の微妙な寒さの時に丁度いいかもぐらいの中綿の薄っすら具合です。

HIMALAYA Jacket

HIMALAYA Jacket

ベーシックなジャケットの形でありながらも、刺繍のインパクト+比翼仕立てのフロントが特徴的なクセのある1枚に仕上がっています。ベーシックな形だけに、ちょっと飽きがきてしまった人にはピッタリの塩梅なジャケットかもしれません。 ヒマラヤに想いを馳せる人が入れた(であろう)刺繍が不思議な雰囲気を醸し出す一枚。ぜひこんなアイテムを古着屋さんで探してみてくださいね。

【PR】古着のゴブランジャケットをピックアップ!
  • 購入したお店
    Gracier
    江古田
他にもこんな記事が読まれています