SWATCH
古着を読む

Colorful Knit Robe

2019年11月18日

80年代のポップアートを纏うかのようなニットガウン【高円寺のおすすめ古着屋 ROIR】

  • 購入したお店
    ROIR
    高円寺

Vividなカラーや幾何学パターンが特徴的な、80年代のデザイン。特に特徴的だったこともあり、今見てもとてもインパクトがあります。
ファッションにも影響を与えていたことを強く感じる一枚、本日はそんなガウンコートをご紹介いたします。

Colorful Knit Robe

どうでしょうか、このインパクト。
ウールのガウンでありながら、ポップアートを流し込んだかのような鮮やかな色使い。で、ありながら白と黒の比率も高いのでデザインとして破綻していない感じ。かなり素敵な一枚です。

Colorful Knit Robe

Colorful Knit Robe

サイド&バックスタイル。ファミコンのドット絵のような印象もありますね。
幾何学模様というよりは有機的な、少し命を感じさせる柄のパターンが不思議な印象です。

Colorful Knit Robe

しっかりとしたウール生地は、ポップな柄を配しながらも、チープさを感じさせません。
着丈の長さが大人っぽいですが、カジュアルな感じにも着こなせると思います。

Colorful Knit Robe

Colorful Knit Robe

フロントにはポケット。黒く縁取られたのがさりげなく格好良いです。黄色と緑、黒の組み合わせがとってもキレイです。

Colorful Knit Robe

80年代、ポップアートを牽引したのは「メンフィス」というイタリアのデザイナー集団だったそうです。日本からのデザイナーも参加されていたそうですよ。ぜひ調べてみてください。

Colorful Knit Robe

ファミコンのドット絵っぽいですね。
黒ベースの部分が宇宙に見えます。ファミコンで思い出しましたけど、「ひでむし」で検索とかしないでくださいね。

Colorful Knit Robe

裏地は規則的に並んだ5色の糸。
見える部分ではありませんが、規則的な美しさがありますね。

Colorful Knit Robe

ブランドタグ。「neiman marcus」ニーマン・マーカスというアメリカの百貨店チェーンのオリジナルブランドのようですね。同じく古着で良く見かけるサックス・フィフス・アベニューと競争しているそうです。香港製。
派手なデザインでありながら、チープになりすぎないデザイン、贅沢な重みを感じる素材感は高級用品を手掛ける百官のPBならではといったところでしょうか。

Colorful Knit Robe

Colorful Knit Robe

いよいよ寒い冬が近づいてきました。冬になると色使いが単調になったり、防寒性を優先してついつい似たようなコーディネートが増えてしまったりと、スタイリングが楽しい季節でありながらも、ついついサボりがちになってしまう季節でもあります。
ニットのガウンタイプのコートは、大人びた表情を作れるアイテムですが、デザイン性の高さから、ひと癖も感じさせる洋服好きな大人が着るガウンといったところでしょうか。こんな素敵な一枚を、ぜひ古着屋さんで探してみてくださいね。

【PR】古着のニットはこちらでチェック!
  • 購入したお店
    ROIR
    高円寺
他にもこんな記事が読まれています